いけハムの日々是好日

イケメンなゴルハムとお母ちゃんの平凡な日常です *ミニウサギのちこが家族になりました*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政宗の旅立ち

 
 みなさま、今まで政宗を愛してくださりありがとうございます
 
 
 また お母ちゃんにまで優しいお言葉をいただき ありがとうございます 
 
 お父ちゃんから「ブログのお友達が心配してくれてるよ」と言われましたが、政宗の最期を伝えようと思うと 頭が混乱して文章にならなくて… 
 
 
 みなさまのブログにもお邪魔したいと思うのですが、まだ気持ちに余裕が無くて お礼のコメントも残せずにおります。 
 
 
 心配していただいているのに、本当にすみません 
 
 
 
 政宗の最期は とても苦しそうでした。
 
 
 
 食欲が一気にダウンしたので病院に連れていったのは、星に旅立つ前日でした。
 
 
 ここ数日の状態を伝え、触診だけで「発熱」と診断され保温と抗生剤投与の指示を頂きました。
 
 
 帰宅して室温を30℃に上げ(それまでは26~28℃)薬をハムスターフードやおやつに含ませてあげました。政宗は嫌がらずに食べてくれました。
 
 
 その日の夜は、いつものようにハムんぽをしていました。
 
 
 
 翌日、夜のお薬を済ませてしばらくしてからです。
 
 
 呼吸数が100回/分を超え、身の置き所が無かったようで 落ち着かずウロウロし、手にのせてみると体温が低くなっていました。 
 
 すぐに 『うさ暖で直接温めようっ』と、政宗を片手に乗せたまま準備をしているうちに、「ずず~ ずず~」と苦しそうな呼吸に変わり 極端に呼吸数が減りました。 
 
 
 「まちゃっ まちゃっ」呼びながら あることに気づきました。
 
 
 
 普段は見えない、政宗の瞳孔が開いていることに… 
 
 
 
 『もうダメだ』と思ってしまいました。
 
 
 何とか頑張って呼吸をしている政宗を手のひらに乗せたまま、顔を伏せて号泣してました。 
 
 
 「まちゃ ごめんね
最後にこんなに苦しませて ごめんね
ダメなお母ちゃんで まちゃを苦しませちゃった
 
まちゃ ごめんね ごめんね…」 
 
 
 
 息を引き取った後の政宗は、しっかりと眼を見開いていました。 そっと瞼を閉じてあげようとしましたが、閉じませんでした。
 
 それだけ苦しかったのでしょう。 
 悔しかったのかもしれません。
 
 
 
 泣きながら お父ちゃんに連絡し、政宗に会いに来てもらいました。(お父ちゃんとは、まだ一緒には暮らしていないので…) 
 
 
 お父ちゃんは、政宗の身体を手のひらに乗せ、男泣きしていました。 
 
 
 お父ちゃんが 政宗の瞼をそっと撫でてあげると、眼が閉じました。
 
 
 
 政宗と名前をつけてくれた大好きなお父ちゃんに会いたかったんだ と分かりました。
 
 
 
 政宗に 「お父ちゃんとお母ちゃんとまちゃと3人で暮らせるように…まちゃ長生きしてね」と お母ちゃんがよく言っていたので、きっと政宗も一緒に暮らせる日を楽しみに待っていたのでしょう。 
 
 
 
 約束を守れなくて ごめんね 
 
 
 病気に早く気づいてあげられなくて ごめんね 
 
 
 最後に苦しませてしまって ごめんね 
 
 
 精神的に不安定なお母ちゃんで きっと不安だったろうね  ごめんね 
 
 
 ダメな お母ちゃんで ごめんね 
 
 
 
 この次に生まれ変わって来るときは、穏やかな人の元に生まれておいで 
 
 
 
 お母ちゃんは秘かに そう願いました。 
 
 
 
 その日の夜は、政宗を枕元に寝かせ 一緒に眠りました。 
 
 
 
 お母ちゃんも 政宗の後を追って 空の世界で一緒に過ごしたい と思いながら眠りにつきました。 
 
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/08/06(月) 08:26:11|
  2. 政宗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つづき | ホーム | 星に還った いけハムさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gaogaomasa.blog101.fc2.com/tb.php/198-2511d417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。